こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  トリマー通信  >  レポート  >  trimセミナー2019 取材レポート

trimセミナー2019 取材レポート

カテゴリ : 
レポート
執筆 : 
staff 2019/10/18 11:44 閲覧 (703)

(文・写真提供:株式会社インターズー)

2019年9月4日(水)に、株式会社インターズー主催の『trimセミナー2019』が開催されました。今年のテーマは「かわいさを引き出す! プードルのカットテクニック」。
セミナーは、50分と70分のショートプログラムが2つと、110分と100分のプログラムが2つの、4部構成でおこなわれ、

1、「ロジカル解説 顔カットのスリーポイント」を髙木美樹さん
2、「そのコの魅力を引き出す 顔の作り・体形のカバーテクニック」をTAROIMO for PRIVATE
3、「アフロとマズルをかわいく仕上げるポイント&写真撮影のコツ」を久原 幸さん
4、「トップのスタイルごとに作り分ける ワンランク上のエレガントスタイル」を栁澤絵美さんが、テーマに沿ってレクチャーしました。
それぞれのカット実演セミナーの様子を取材してきたので、お伝えします。



定員360名の会場は、満席で熱気ムンムン。豪華トリマー講師陣による夢の共演とあって、受付開始時間前に、入場待ちの大行列ができるなど、注目度の高さが伺えました。

1、ロジカル解説 顔カットのスリーポイント(ショートプログラム)
講師:髙木美樹(TALL TREE.)





トップを飾ったのは、滋賀県内で3店舗のトリミングサロンを経営するオーナートリマーであり、スピードトリミングの講師としてもおなじみの髙木さん。プードルの顔カットを安定してバラつきがなく、かわいく仕上げるための、3つのポイントを、ロジカルに解説しました。



ウィッグを使ったカット実演を通して、髙木さんが顔カットの際に、基準にしているラインや注意点、カットのバリエーションを増やす方法などを解説しました。



ステージ上には、事前に髙木さんがカットしたウィッグがずらり。基本的なスタイルだけでなく、個性的なデザインカットなどもあり、セミナーを華やかに彩っていました。

2、そのコの魅力を引き出す 顔の作り・体形のカバーテクニック
講師:山本晃子、冨吉愛子、小山恵美(TAROIMO for PRIVATE)





第2部は、神奈川県横浜市にあるトリミングサロンTAROIMO for PRIVATEのオーナートリマーの山本さんと人気トリマー小山さん、冨吉さんの3名が、プードルのスタンダードを基準に、目が離れているコ、胴が長いコなどさまざまなタイプのコに対応した、そのコの魅力を最大限に引き出す、カバーテクニックを解説しました。



セミナー冒頭は、オーナートリマーの山本さんがスライドやホワイトボードを使いながら、ペットカットをかわいく作るコツを紹介。どんなコでもかわいく見せる、顔の黄金比率など、実践でも役立つ情報満載で、参加者の満足度も高かったようです。



カット実演の前半は、小山さんがオールシザーのカット方法を披露。シザーでカットするうえでのカバーポイントや注意点などを解説しながら、モデル犬の半面を仕上げました。



カット実演の後半は、小山さんから冨吉さんにバトンタッチ。タイプの異なるトイ・プードルをモデル犬に、ボディーをクリッパーで刈るなど、小山さんとは異なるアプローチで、プードル1頭の全身を仕上げました。



終盤には、モデル犬の全身を仕上げた小山さんが再度登場し、お2人がカットしたモデル犬の仕上がりを比較しながら、カバーポイントをおさらいしました。シザーとクリッパーの仕上がりの差や、カバー方法の違いなど、さまざまな内容が学べる110分間でした。


3、アフロとマズルをかわいく仕上げるポイント&写真撮影のコツ(ショートプログラム)
講師:久原 幸(DEF by EAGER BEAVER)





第3部は、福岡県福岡市にあるトリミングサロンDEF by EAGER BEAVERの人気トリマーで、インスタグラムのフォロワーが1万7千人を超え、国内外から注目を集め続けている久原さんによる、初めてのセミナー。
冒頭は、久原さんがインスタで質問されることが多いという、仕上がり写真の撮り方のコツを、プロジェクターで写真を比較をしながら解説。




続いて、毛量や毛質によっても仕上がりに差が出やすいアフロとマズルを、よりかわいく仕上げるためのポイントを、カット実演を交えながら解説。今回が初めてのセミナーということで、カット実演中に進行役がカットの順やポイント、こだわりなどを質問し、久原さんが答える形式で進行しました。




セミナー終盤には、耳が長めのアフロ、耳先ギリギリのコンパクトなアフロなど、今回のスタイルとは異なる、アフロを作る場合と、今回仕上げたスタイルとの違いやそれぞれのスタイルを仕上げるコツなども、写真を交えて紹介しました。トリマーのなかでも人気のある久原さんの初セミナーということもあり、注目度が高く、セミナー後にモデル犬の撮影や、カットの質問に参加者の列ができていました。


4、トップのスタイルごとに作り分ける ワンランク上のエレガントスタイル
講師:栁澤絵美(Quintet)





最後は、東京でも屈指の人気トリミングサロン数軒で、長年トップトリマーを務め、今年の4月に独立して東京都世田谷区にトリミングサロンを開店した、オーナートリマーの栁澤絵美さん。
毛質や毛量などを考慮して、さまざまなタイプのコを効率的に仕上げる、栁澤さん独自の法則を駆使して、上品で高級感溢れるエレガントスタイルの作り方を、2頭のモデル犬を使って、2パターン解説しました。



1頭目は、顔、耳、頭部のみをカットし、耳の毛が短めのアフロスタイルの作り方を解説。アフロの形を効率的に丸く整え、長持ちさせるために、「毛の長さを均等にカットする」など、ほかでは聞けない栁澤さん流のカット理論に、参加者も興味津々でした。



2頭目は全身をカットし、耳の毛の長めスタイルから、短めスタイルへスタイルチェンジする時のポイントや、洋服を着てもかわいく見えるおパンツスタイルのカット方法などを解説。



また、栁澤さんのモットーである「犬の目線に立ったトリミング」も紹介。犬が嫌がりやすい足先周りのカットでは、足先を持ちあげてすぐにカットするのではなく、一呼吸置き、アイコンタクトして、犬を安心させてから、カットに移るなど、犬の負担を軽減するためのポイントも披露しました。
カット解説のあいだには、今年4月に独立開業した栁澤さんが、独立にあたって準備したことや心構えなどを聞くこともできました。


展示の様子





会場のロビーには、トリミング関連企業14社がブースを出展。シザーやクリッパー、シャンプーなど、トリマーの必需品が多数並び、休憩時間のたびに各ブースは参加者たちで賑わっていました。
Facebookでシェア   twitterでツイート   LINEで友だちに教える
最新のエントリ
トリマー通信のトップへ




スポンサードリンク

PR
カテゴリ一覧
アーカイブ
PR:ブログ新着
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2019 Trimmer.jp All Rights Reserved.