こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  トリマー通信  >  イベント紹介  >  New Style Grooming Seminar in Tokyo レポート

New Style Grooming Seminar in Tokyo レポート

カテゴリ : 
イベント紹介
執筆 : 
staff 2014/9/18 18:10 閲覧 (23230)


2014年9月3日、アリミノビルB1(東京高田馬場)にて開催された「New Style Seminar ただ見るだけでは終わらない! 実力派&カリスマグルーマーによる実演&参加型セミナー」(主催:株式会社プラック)のレポートです。

プラック主催のセミナーと言えば、前回も世界的に有名なグルーマーを招いての開催でしたが、今回も素晴らしい講師陣です。元カナダ代表のBarbaraとShaunnaさん、日本からは過去3度もJKCのトリミング競技大会で理事長賞獲得した神宮さんです。

MCは海外でもセミナーを手掛けるテリアージュオーナーの浅野さん。今回のセミナーはカナダ人講師のプログラムを含むため通訳も担当されました。海外の技術に精通していないと理解が難しい考え方や言い回しなども非常にわかりやすく解説していただけるので、英語がわからない方でもストレスなくセミナーに集中できたのではないでしょうか。

第一部 神宮和晃講師によるシュナウザーのペットカット実演



第一部は神宮さんによるシュナウザーのペットカット実演です。
色々なセミナーでお会いしますが、神宮さんのシュナカットは安心して聞けます。モデル犬の骨格構成やテーマがセミナーのたびに異なるのですが、そのパターンにあった解説をしていただけるので毎回勉強になります。なんといっても解説が非常にわかりやすいです!

まずはクリッピングから。
今回はセミナーに協賛されているウォール社製のクリッパーを使用し、その使い方や刃の番手の解説などもありました。
大まかには頸→耳→背→サイド(前肢)という流れです。


写真は足裏周りのカット
クリッピングが終了したらシザーを使って整えていきます。
特徴のある後肢の作り方は特に丁寧な解説がありました。アンギュレーションの表現、飛節をカットする際は仕上がりをどのようにイメージするか、クリッピンのグラインとの境目は上から抑ええるようにカットするなど・・



完成です♪



第二部 Barbara講師によるカナディアン流行サロンスタイルの実演(プードル)



第二部は、国際グルーミニングコンテストで審査委員も務めるスーパーグルーマーBarbaraさんの登場です。グルームチームCANADAの元メンバーで、チームの一員として10年間所属し、そのうち8年間はチームリーダーとして活躍。インターグルーム大会の26年間の歴史で初代3class(テリア犬、ミックス犬、プードル)の3冠を受賞。ラスベガスで開かれるプードルの世界NO1グルーマーを決める大会でまた2004年2005年2006年と3年連続1位を受賞。という輝かしい経歴の持ち主です。
ちょっと前にブラジルで750人の参加者を前にセミナーをしてきたばかりだそうです^^


プログラムは現在カナダで流行しているサロンスタイルの実演。
まずはクリッピングからでしたが、アタッチメントコームでパーツごとに細かく長さを調整しながらクリッピングしていきます。背中だけでなく四肢なんかもガンガン刈っていきます。そのあとは9インチのシザーなどを使用してダイナミックなシザーリングです。



道具を見せてもらいました。
カーブシザーもよく使うそうです。コームはピンがちょっと長めの物を使用されていたようですね。フットラインをクリッパーを使って表現する技法は初めて見ましたがこれもスピーディーに仕上げるコツなのだとか。シャンプー後のドライングもホースドライヤーで95%まで乾かすそうです。



完成♪


第三部 Shaunna講師によるカナディアン流行サロンスタイルの実演(プードル)



第三部は、こちらもグルームチームCANADAの元メンバーで、チームの一員として2度金メダルも獲得した経歴を持つ、カナダで最も多くの賞を受賞しているShaunnaさん。現在は、グルーミング世界大会の審査員としても活躍しており、10か国以上でグルーミングセミナー活動をされています。元プロフェッショナルハンドラーとしても有名で、カナダの最高レベルの犬を育て、300以上の”Best in Show”も獲得しているそうです。


まずは10~19mmの刃を使用してクリッピング開始です。アタッチメントコームでスピーディーにクリッピングしていきます。「早く仕上げることで頭数をこなすことができ、犬にも優しく、結果的にお客様にも喜んでもらえる」というお話がありましたが、本当にさくさく仕上げていきます。シザーで荒刈り・・はほとんど皆無です。



体が仕上がったら最後は頭部のカット。やわらかいコートの子にはプードルであってもスキバサミを使用するようです。涙やけやよだれ焼けなどもクリッパーであっさり除去していきます。持ち時間45分でしたが余裕の仕上がりです。


最後にエクステとリボンをつけて完成!


コーチングセミナー



今回最後のプログラムは「コーチングセミナー」です。受講者の中から数名が、自分で用意したモデル犬のグルーミングを行い、BarbaraさんとShaunnaさんの国際審査員とJKC教士の資格を持つ神宮さんがアドバイザーとなり、グルーミング術をコーチングしてくれるという贅沢なプログラムです。


















コンチのプードルもいましたが、モデル犬はほとんどがオリジナル性の高いペットカットの子でした。しかし、さすがの講師陣とあって、他人がカットした(しかもプロトリマー達)であっても独自の視点とテクニックで的確にアドバイスをされていました。参加されたトリマーさん達も熱心に聞き入っていたようです。



<協賛>




上 DRS.CHOICE、株式会社内海、株式会社沢地(日本ウォール)
下 株式会社プラック
Facebookでシェア   twitterでツイート   LINEで友だちに教える
最新のエントリ
トリマー通信のトップへ




スポンサードリンク

PR
カテゴリ一覧
アーカイブ
PR:ブログ新着
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2019 Trimmer.jp All Rights Reserved.