こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  トリマー通信  >  レポート  >  インターペット2018~会場内レポート2~

インターペット2018~会場内レポート2~

カテゴリ : 
レポート
執筆 : 
staff 2018/4/10 17:20 閲覧 (513)


2018年3月29日~4月1日に東京ビッグサイトにて行われた、「インターペット~人とペットの豊かな暮らしフェア~」の会場内のレポートその2になります。


こちらは2018年3月31日に開催された「キッズ獣医師体験」の様子です。獣医さんのお仕事に興味を持った子どもたちが、獣医さんのお仕事を一緒に体験するという普段ではなかなか体験する事の出来ないプログラムでした。
熱心に獣医さんとお仕事をこなしている子どもたちのまなざしと姿勢はとても熱いですね。





2018年3月30日~4月1日に開催された、子ども達によるトリミング体験イベント「未来トリマー」の様子です。国内外のコンテストでの入賞経験を持つカリスマトリマーさん達が講師をつとめ、子どもたちにアドバイスを行いながら、犬型の人形を使用しトリミングの体験をできるとても楽しめるイベントでした。事前予約枠はすべて完売!沢山の子どもたちが参加しました。


「お家で飼っているわんちゃんのトリミングをしてあげたい!」「病気の動物たちを助けてあげたい!」と、イベントをきっかけにトリマーや獣医師に夢を持った子どもたちもいたのではないでしょうか。




ここからはブース紹介part2でございます。こちらの可愛い服、日本初!トリマー服専門店「Cute Style」のトリミング用ウェアでございます。トリミングスタイルといえばシャツ、パンツ、エプロンというイメージですが、こちらのウェア、スカートもトリミングをする環境に合った素材になっており、お洒落も楽しむことができます。
「ファッション寄りの制服があれば...」そんな願いから作られました。



高密度繊維使用、撥水加工、帯電防止!ペットの毛も付きにくくストレスフリーな服となっています。日本製にこだわっているとのことで、勿論こちらもmade in japanです。
洗濯などをしても30分で乾く速乾性で、匂いもつかないそうです。名前のロゴもいれることができるそうなので、ペットサロンなどの制服にもできます!



こちらは「竹花」のペットシーツ滑り止めシール「ズレないわん!」です。ペットシーツをフローリングなどに直に敷いてる方はペットシーツを愛犬にずらされてしまうのは、あるあるの悩みですよね。滑り止めシートはあっても、シール式のものはあまり見たことはないのではないでしょうか。悩んでる人は多いのに、ありそうでない商品だったのでとても嬉しい商品ですね。



シールは両面とも粘着しており、片面はペットシーツに、片面は床に貼ります。何度も実験を重ね、試行錯誤して開発されたそうです。両面テープも持ちがよく、丁寧に使用すれば1~2カ月は使えるそうです。



こちらは「犬の美容室 NOA」です。「MAURO」のシャンプー、コンディショナー、ミストなどはカルフォルニアから直輸入されており、世界の最高級天然製油と植物エキスから作られています。犬種や状況に合わせてシャンプーを使い分けると、さらに良い仕上がりになります。



こちらは「GREEN DOG」です。ブース周辺は抽選会でとても賑わっていました。
「GREEN DOG」湘南店のグルーマーの水野さんと井上さんがハッピーグルーミングコンテストのダブルス部門、同じく湘南店から蓬田さんがレスキューグルーミング部門に出場したそうです。リラックスしてコンテストに臨んでいる様子がブログ【GREEN DOG】インターペットに出展しましたにも投稿されております。



こちらは「どろっくすパック」です。イスラエル原産の死海天然黒泥に申請アロエベラ配合されています。化学物質、防腐剤、香料など添加物はゼロだそうです。肌に塗って頂きましたがとてもいい香りがして、仕上がりは肌がスベスベになりました。勿論、わんちゃんにも使用可能なので泥パックのサービスを実施しているサロンさんなどにもおすすめですね。200gパックと、業務用の1kgパックもあります。



こちらは「ペッツアドバンス」のブースです。1台4役のグルーミングキット「ペット用デイケアキット」は、ヘッドアタッチメントを付け替えて”歯ブラシ”、”バリカン”、”肉球ケア”、”ネイルケア”のお手入れが出来ます。



こちらも同じく「ペッツアドバンス」の商品になります。トリマーさんも嬉しい「高機能メッシュマスク」です。使い捨てマスクではなく、手洗いで30回以上再利用が可能マスクです。医療用フィルターにも使用されているメッシュ素材なので、毛やほこり、花粉を物理的に強力ブロックしてくれます。普通のマスクだと防ぎきれない毛の侵入も防いでくれるのでトリミングに最適だと思いました。



「anidoc」のブースでは歯磨きを無料で実施されており、沢山の飼い主様が訪れていました。歯磨きと同時に歯の状態も診てもらえるので、とても嬉しいサービスですね。「anidoc」は往診専門の動物病院なので、ペットたちが住み慣れた場所でストレスなく診察を受けられます。




続いては「ROZAI」のブースです。こちらで販売されている「ロザイボトル」は、いつもの水道水を注ぐだけでペットが好む天然ミネラルバランスの優れた、まろやかでおいしいお水が手軽出来上がります。



ROZAIさんのガチャガチャコーナーです。
今年はカプセルの入ったUFOキャッチャーが設置してあり、カプセルの中にはボトルキャップが入ってました。嬉しい!楽しい!そしてこの表情です。UFOキャッチャーは楽しくてその場から離れられなくなりますよね。

で、この金髪のお兄さんは・・知っている人は知っている!?
毎年12月に開催されるFCI東京インターナショナルドッグショーのカットカーニバルやドッグビューティーパーラーコンペティションの司会でおなじみ「けーすけ」さんです。今回もテンション高いです↑↑



今年もこの人たちによってinterpetsの会場は綺麗に保たれていました!!
会場のいたるところで見かけるオレンジ色のブルゾンを着た犬のウンチ&オシッコパトロール隊!?
もはやこのイベントには欠かせない人達ではないでしょうか。声を掛け合い一生懸命にお掃除をしている姿には頭が下がります。この日は、みんなでマナー向上を目指して会場内をめぐるスタンプラリーやセミナーなども開催されていました。


4日間の開催でしたが、天気にも恵まれ昨年よりも多くの来場者とペット達で溢れ、大変な賑わいでした。海外からの出展も多く、斬新なアイデア商品や変わったデザインの商品などを多く見ることができました。また、トリマーが活躍するイベントやコンテスト、セミナーなども開催されました。多くの方々にトリマーの技術を見ていただけなのではないでしょうか。次回は楽しみですね!




以上、インターぺット2018会場内レポートでした!

特集:
interpets2018 & JKCジャパンインターナショナルドッグショー2018


【次の記事】→
Groomers Channel オープン記念セミナー  Powered by trim

←【前の記事】
インターペット2018~会場内レポート1~
Facebookでシェア   twitterでツイート   LINEで友だちに教える
最新のエントリ
トリマー通信のトップへ




スポンサードリンク

PR
カテゴリ一覧
アーカイブ
PR:ブログ新着
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2017 Trimmer.jp All Rights Reserved.