こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  トリマー通信  >  レポート  >  Groomers Channel オープン記念セミナー  Powered by trim

Groomers Channel オープン記念セミナー  Powered by trim

カテゴリ : 
レポート
執筆 : 
staff 2018/4/10 17:10 閲覧 (722)


2018年3月29日に、グルーマーのための動画サイト「GroomersChannel」がオープンしました。これを記念して、日本最大のペットイベント「interpets」と「trim」によるコラボセミナーが開催されました。3月29日、30日の2日間でなんと6講演!豪華な講師陣によるモデル犬を使用した実演セミナーは、両日とも定員100名に対して満席でした。ほんの一部になりますがご紹介します!
3月29日(木)

犬の負担を軽減!エアークリッピング活用法
講師:伊佐 美登里(フェリス動物病院)




初日1本目は、シザーを使わずにクリッパーでほとんど仕上げる「エアークリッピング」を使いこなす伊佐さんです。
伊佐さんは、動物病院のトリマーさんでありながら、昨年のハッピーグルーミングコンテスト「クイックグルーム部門オープンクラス」でシザーを一切使用せず、クリッパーのみでプードルを仕上げてみごと優勝された実力者です。
エアークリッピングとは、普段シザーで行っている作業をクリッパーで行うことです。
切れ味の良いクリッパーを使うことが大切で、その判断基準として、尾の根本を握り、先端の部分に軽くクリッパーを通して被毛がスパっとカットできれば合格なのだそうです。
クリッパーの使い方のコツや道具の選び方を中心に、犬の負担を軽減するための活用法を紹介されていました。

プードルのアシンメトリースタイル
講師:富吉 愛子(Taroimo for private)




2本目は、ドッグサロン「Taroimo for private」店長の富吉さんです。数多くのトリミングスタイルカタログにオファーをもらい、様々な犬種のデザインカットを手掛けてきたという富吉さん。今回は、trim 2017年10月号で特集した「1ヶ月キープするためのプードルのスタイリングテクニック」をベースに、当日用意されたモデル犬を、タロイモ流アシメに作り上げるコツを解説しました。モデル犬は大勢の人前だからなのか、少し落ち着きがない様子でしたが富吉さんは優しくスムーズにカットしていました。

プードルの顔カット 丸くかわいくするためのコツ
講師:長瀬 健一(BUBBLES)




この日最後は、日本、香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、アメリカ、メキシコ、スペインと、グルーミング講師として国内外で活躍されているカリスマトリマーの長瀬さんです。
trim誌 2018年2月号の特集から、「頭と耳の毛をつなげたスタイル」を中心に、丸いだけでなくよりかわいく作るためのコツを解説されました。
プードルのマズルの部分は大きくすると男の子らしく、小さくすると女の子らしく仕上がるそうです。丸く切るということも大切ですが、わんちゃんに合わせてカットをすることは更に可愛く魅せるコツなのだと思いました。長瀬さんのまんまるな顔のカットは私も見入ってしまいました!

3月30日(金)

高木流 ビション&プードルのペットクリップ
講師:高木 美樹(TALL TREE.)




2日目の1本目はスピードトリミングでおなじみ、「TALL TREE.」のオーナートリマーの高木さんです。
TALLTREE店舗で月間450頭を3人のスタッフでこなすそうです。今回のセミナーではビションを早く仕上げるコツを、プードルとの違いを交えながら解説されていました。
今回はビションのペットクリップ。途中では、プードルの写真をモニターに映しながらの解説で皆さん写真を撮ったりメモを取ったりと熱心に聞いていました。そして、高木さんのしなやかなシザーさばきは本当に見惚れてしまいました...

毛質・毛量に合わせたM・シュナウザーのペットクリップ
講師:遠藤 彰子(design f)


画像提供:株式会社インターズー

続いて、トリミングサロンと、オンラインショップでドッググッズを販売している「design f」の遠藤さんです。毛量や毛質が違う2頭のM・シュナウザーをモデルに、それぞれをよりかわいく仕上げるためのコツを解説しました。
会場には3匹のM・シュナウザーも登場!皆さん一斉に写真を撮り始めました。とても可愛らしい3匹でした。途中では、実際に2匹のシュナウザーを比較しながら解説をするシーンもあり、とてもわかりやすかったです。

ロジックを知ってきれいに仕上げる シー・ズーの丸顔カット
講師:生井沢 里美(チロのアトリエ)




2日間の最後を締めくくったのは、サロン嫌いなワンちゃんも・・あらびっくり!いい子に変えてしまうといわれている「チロのアトリエ」のオーナートリマーの生井沢さんです。
trim誌 2017年8月号と10月号で特集した、「ロジックを知ってきれいに仕上げる シー・ズーのトリミングテクニック」をベースに、顔を丸くかわいく仕上げるためのコツを解説されました。
会場に来ていたトリマーさんに「いつも通り顔をカットしてみて」と振る生井沢さん。突然の事でしたが、トリマーさんは緊張で手を震わせながらも少しずつカットしていました。シー・ズーの毛はさらさらと下に被毛が伸びるのでカットが難しいですよね。「どうやって被毛をもちあげるのか」「どこを切るのか」これがポイントだそうです。



昨年に続いてinterpets内で開催されたtrimさんのセミナー。講師の先生方はお一人で単独セミナーが開催できるぐらいの豪華さですよね。参加された方々はとても有意義なセミナーだったのではないでしょうか。
さて、そんなtrimさんのセミナーですが・・なんと早くも次のセミナー開催が決定しています。またまた凄い先生ばかりですよ!

2018 年7月3日(火)定期購読者様限定trimセミナー2018



特集:
interpets2018 & JKCジャパンインターナショナルドッグショー2018

【次の記事】→
FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2018

←【前の記事】
インターペット2018~会場内レポート2~
Facebookでシェア   twitterでツイート   LINEで友だちに教える
最新のエントリ
トリマー通信のトップへ




スポンサードリンク

PR
カテゴリ一覧
アーカイブ
PR:ブログ新着
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2018 Trimmer.jp All Rights Reserved.