こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ブログ > 株式会社ユーリカ > 季節ケア > 【ハーブパック】油断大敵!秋のスキンケア


投稿日時 : 2022-08-26 18:43:08 (81 ヒット)


夏の厳しい暑さが落ち着くことで、
飼主様はスキンケアを怠りやすくなります。
ですが秋はお肌に負担がかかる様々な要因があります。

季節の変わり目はお肌が乱れやすいため、
トラブルに合わせたスキンケアが必要です!!

☆★秋のトラブル対策★☆
(1) 夏ダメージの蓄積
(2) 換毛期
(3) 乾燥ダメージ
(4) ハーブパックで秋のスキンケア



詳しく見ていきましょう。


1.夏ダメージの蓄積

夏に紫外線をたくさん浴びたお肌はとても敏感!

炎症や細胞傷害、メラニン色素の沈着(シミ)
コラーゲンの変性(たるみ)、発がんせいなど
肌の内部まで働きかける厄介な紫外線。
また皮膚のバリア機能を低下させてしまうことで、
乾燥などによる肌トラブル引き起こしやすくなります。

さらに紫外線ダメージに加え夏の高温多湿によって
皮膚トラブルの元となる菌が活発に繁殖し
衛生環境が悪化しやすい状態です。

夏ダメージを放置してしまうと
肌のコンディションを低下させるだけでなく、
肌の老化に繋がってしまいます。



2・換毛期 

涼しくなるとやってくる換毛期。
抜け毛の多さに悩む飼主様も増えます。
換毛時期は毛が抜けるためお肌がいつもより敏感になります。
そのため少しの刺激でも違和感を感じ掻く行為が増えてしまいます。

更にブラッシングやシャンプーを怠り、
抜け毛が体に留まった状態で放置してしまうと
毛玉や皮膚の蒸れの原因
となり、
皮膚トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。


3・乾燥

夏は冷房器具や紫外線を浴び
乾燥を引き起こしてしまいますが、
秋から冬に向け気温が低下することで
更に乾燥がすすみます。

健康な肌ではバリア機能が細菌やアレルゲンの
侵入を防いでいますが、
乾燥した肌はバリア機能が低下した状態です。

人に比べて1/3程度も皮膚が薄いワンちゃんの
角質層はさらに薄いため乾燥や刺激に敏感です。


乾燥によってキメが荒くなった肌は、
穴が開いたサランラップと同じ状態
です。
細菌などが侵入しやすくなるだけでなく、
肌の内側にある水分も蒸発しやすくなるため
更に乾燥を悪化させてしまいます。


冬の乾燥対策には秋からの保湿ケアがとても重要です!




4.秋の乱れやすいお肌は
ハーブパックでトラブル予防!


抜け毛や皮脂汚れを浮かせて取り除くための
洗浄と保湿ケアが同時にできるハーブパック。
肌のバリア機能を高め、トラブルから守ります。


またスキンケアと同時にできるヘアケア!
乾燥による被毛のパサツキにはハーブの成分が
被毛の1本1本をコーティング。
ボリュームUPでふっわふわに仕上がります。


トリミングサロンでできるトラブル予防!
Let’s Try Herb Pack
季節の変わり目の敏感肌ケア!


ハーブパックの詳細はこちら→ハーブパックとは
インスタグラム→herbpackjpn



【ハーブパック】油断大敵!秋のスキンケアをシェア twitterでツイート LINEで友だちに教える




PR
最新記事
カテゴリ
PR:ブログ情報
       
PR:ブログ新着
サイト内検索

Copyright © 2002-2021 Trimmer.jp All Rights Reserved.