こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  トリマー通信  >  イベント紹介  >  会場内レポート2 in 第7回インターペット

会場内レポート2 in 第7回インターペット

カテゴリ : 
イベント紹介
執筆 : 
staff 2017/5/30 18:00 閲覧 (1310)
2017年3月30日~4月2日まで東京ビッグサイトで開催された日本最大のペットイベント「インターペット」で行われたイベントについてご紹介します。 4月2日は日曜日という事もあり14,491人の来場者と6798匹のペットが東京ビッグサイトに訪れたそうです。
インターペット最終日であるこの日も特設ステージでさまざまなプログラムが開かれました。タレントの栗原類さんが「可愛い猫×カッコいい男子「猫と僕。」スペシャルステージ」と題されたプログラムにゲストで参加されていました。 沢山の来場者からの質問に独特の回答をする栗原さんに目が釘付けになりました。

「LION」さんのブースで行われていたのはペット用のハミガキ講座、愛犬の口内事情は飼い主さんなら誰もが気になるところ、人形やモニターを使った説明は大変わかりやすく家に帰れば誰でもすぐに真似出来るような実演、説明でした。

インターペットでは「犬の笑顔フォトコンテスト」も行われ一般から応募された4000枚を超す愛犬の写真の中からグランプリが決められました。またグランプリ受賞者には一眼レフカメラなどが贈られました。グランプリの写真などはこちらからどうぞ。

こちらは特設ステージで行われた「第4回ペットメディア・プロジェクトファッションショー」の様子です。身寄りのない保護犬をモデルにしたこのファッションショー、このイベントをきっかけに里親さんが見つかったケースもあり、もっと多くの人たちに見てもらいたいイベントですね。

モデル犬をステージ裏でカットするカリスマトリマー菊池亮さん、トレードマークのテンガロンハットは体の一部なんじゃないかと思わされるほど似合っていますね。

今まさにステージでファッションショーが行われてる裏で菊池さんは次々とモデル犬をカットしていきます。菊池さんをサポートされるギャラリーアルテスタ(菊池さんお店)のスタッフさんの動きも見事でした。

6人組グループ「ハニカム.トーキョー」さんの歌やダンス、トークで会場は盛り上がっていました。

会場アリーナでは「聴覚障がい者の心と生活を支える聴導犬」イベントが行われました。耳の不自由な方と聴導犬の生活や役割、現在聴導犬を取り巻く環境など様々な問題をイベントを通じて知ることが出来ました。

会場では災害救助犬によるデモンストレーションも行われました。ドッグゲージなどに隠れた救助人を匂いだけで探すというデモンストレーションです。

見事に隠れた救助人を探し出した時の画像です。救助犬はすぐに匂いで救助人を感知した後、吠えてトレーナーさんに知らせました、救助犬が活躍するような状況にはなって欲しくはないですが、もしもの時に救助犬がいてくれることに頼もしさを感じました。

4日間で4万人近くの人が来場した今年のインターペット、1日目、2日目のビジネスデーとは違い飼い主さん向けのイベントが多く開催され、最終日には会場を歩くのも困難なぐらい混雑していました。4日間取材をさせてもらいましたがイベント自体が楽しかったのか不思議と疲れはありませんでした。


Facebookでシェア   twitterでツイート   LINEで友だちに教える
最新のエントリ
トリマー通信のトップへ




スポンサードリンク

PR
カテゴリ一覧
アーカイブ
PR:ブログ新着
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2017 Trimmer.jp All Rights Reserved.