こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  マンガ  >  書籍紹介  >  犬であるとはどういうことか―その鼻が教える匂いの世界
トリマーあるある
トリマーなら一度は遭遇したことあるかも!?的なシーン満載の4コマ漫画です♪

わなびぃトリマー
トリマーを目指す学生たちの日常と成長を描くドタバタ学園コメディ4コマ

アーカイブ | RSS |
ブログトップ > 書籍紹介
書籍紹介 : 犬であるとはどういうことか―その鼻が教える匂いの世界
投稿者 : staff 投稿日時: 2018-12-01 11:22:51 (532 ヒット)




内容紹介
くんくんくん……!?
そのときあなたの犬は何を嗅ぎ、何に気づいているのか?

犬は薬物や病気を検知したり、天気の変化や地震が起きることまで嗅ぎつけたり、匂いで時間の変化がわかる。
こんなふうに、世界を鼻で知るというのは、どういう感じなのだろう?
著者は、犬にならって四つんばいで街中を嗅ぎまわり、何百種類もの匂いを嗅ぎ分けるトレーニングを受け、捜索犬さながら鼻で動物を追うレンジャーに密着し、独自の調査を実施。

犬の認知行動の権威がユニークな観察をとおして、匂いで世界を知ること=「犬であるということ」を明らかにする。

Facebookで犬であるとはどういうことか―その鼻が教える匂いの世界をシェア twitterでツイート LINEで友だちに教える




スポンサードリンク

PR
トリマーあるある案内所
トリマーあるある人物紹介 トリマーあるあるLINEスタンプ
カテゴリ別最新
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2019 Trimmer.jp All Rights Reserved.