こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  NEOトリマー経営学  >  経営者の心構え  >  トリミングサロンで成功する経営者と失敗する経営者の違い。
アーカイブ | RSS |
ブログトップ > 経営者の心構え
経営者の心構え : トリミングサロンで成功する経営者と失敗する経営者の違い。
投稿者 : staff 投稿日時: 2015-04-19 (7720 ヒット)

どうも!ペットビジネスコンサルタントのNEOですよ?





突然ですけど、アメブロのメッセージやNEOのLINEにはこんなメールがよく届きます(笑)

「夢だったトリミングサロンを本気で開業したいんです!でも資金は0なんです!助けてください!」


「トリミングサロン経営がうまくいかなくて、資金もないんです。アドバイスください!」


「資金に余裕がないのでコンサル依頼はできないのですが、相談だけなら乗ってもらうえませんか」


「なんとか従業員のためにも黒字化したいのですが、メールで良いので力を貸してくれませんか!本気なんです!」







NEOは、お金を頂いてトリミングサロンの開業支援や経営改善支援をNEOに頼ってくれているクライアント様がいますし、




世の中には、色んな人がいて、自分の利益しか考えてない人もいます(笑)

「くっそ?!」っと思って、やっぱり無料で相談に答えるのは、時間の無駄だな、辞めようかな、、、っと思う時だってありますけど(笑)






それでもNEOはいつも言っている「人に好意を与えて与えて与えまくる精神」で(笑)

どんな人にも本気で時間をかけて相談に答えるし、

これからも、何度裏切られても、誰に対してもその考え方でやっていくつもりです。






そうやって自分から周囲の人に与えてきて、自分が色んな人に助けられて今の生活があると思っているし、

一生のうちに出会える人なんて限られているから、何かの縁でNEOに相談してきた人は、やっぱりほっとけないのがNEOです。







ただ、もしあなたがトリミングサロンや会社の経営者として成功したいと考えているなら、わかっておいてほしいことがあります。






あっ「成功したい!」っていうのは違いますね。






だって、上を見ればいくらでも上はいますし、自分の夢や目標ってどんどん出てくるから、


自分が成功した!っと本気で思えるのって、死ぬ時か、リタイアした時くらいですよね。






だから、NEOは、「成功する」の定義として、

自分が思い描いた未来を、自分が思った通りに歩んでいる時が成功だと考えています。






たとえば、年収400万でも、自分が思い描いた未来を歩いていると思ったら、それって成功者ですよね!






NEOの場合は、自分がやりたいことをやれる今の環境、従業員と自分の仕事どちらも恵まれていて本当に楽しく仕事できてるなって思う今の生活を送れてていることですかね?。





もちろんまだまだ夢ややりたいこと、目標はつきないですけどね!






「夢だったトリミングサロンを本気で開業したいんです!でも資金は0なんです!助けてください!」


「トリミングサロン経営がうまくいかなくて、資金もないんです。アドバイスください!」


「資金に余裕がないのでコンサル依頼はできないのですが、相談だけなら乗ってもらうえませんか」


「なんとか従業員のためにも黒字化したいのですが、メールで良いので力を貸してくれませんか!本気なんです!」







こうした相談をしてくる方の多くが、お金を投資するストレスを恐れている経営者って正直多いです。







これは、経営者ではなくて、「一般消費者」の考えですよね。







それが理解できないと経営者として、ビジネスはまず成功しないです。







まず一般消費者のお金の使い方とは、「お金がお金を生まない使い方」






たとえば、日常生活の中で、生活に必要な食品を買ったり、外食したり、車を買ったり。






これらはお金を使っても、お金は増えずにいつかはなくなりますよね?






逆に支払った相手(お店や企業)は、あなたのお金の分だけお金を増やしていますよね。







経営者の場合、お金を含む資源を何に投資すれば、さらにお金を生むのかを見極めて投資する。







その「お金を増やすお金の使い方」が経営者として必要な要素だと思っていますし、






それって、皆経営者が、色んな失敗、経験の中から学んで行き、お金の使い方がうまい人が成功し、


下手な人は閉店倒産をしていくというのが商売の世界ですよね。






考え方としては、「相手がお金を増やして、自分もお金を増やす」です。






特に消費者の、お金の使い方をしてる経営者というのは、

経営者の立場上自分の商売に生活がかかっている分、

お金を使うということにストレスやプレッシャーを持っていますから、

余計に失敗を恐れてお金の使い方を経験出来ずに、現状から脱出できない方も多いですよね。





たとえば、NEOのコンサルティング料金が高い!っと感じて、

今の状況ならお金をかけずに自分で何とかしよう!

その上で売上が立って余裕が出たら、色んなものに投資すればいい。


そう考える経営者も多いと思います。





特に、トリミングサロンのように、収益の低い小さなサロン経営者なら尚更ですね。





でも、自分でやって結果が出せなかったら、お金を使ってでも、今の状態を改善するのが経営者の仕事だとNEOは考えていますし、

NEOはいつもそうしてきました。







たとえば、本屋に行くと、色んな人がノウハウを書いているいわゆるHowto本ってありますけど、


あれを読んで結果が出せる人っていないと思います。






なぜかというと、そのノウハウを使っている人が違うから!







頭の回転や発想の違う人がノウハウを使っても、

成功の元にある「人の考え方」が違うので結果が変わってくるんですね。






だから1番はその人に直接アドバイスしてもらい一緒にやるから結果が出せるんですよね。







でも、今の時代世の中で1番高いのは、自分が持っている情報ですから、情報って高いですよね。





たとえば普通のコンサルって50?100万くらい取るのもそういう理由からです。







でも、それがもったいないと考える方がいるから成功する人、しない人が出てくる違いですよね。






NEOは与える精神で本気でブログで情報提供してますから、


よくお金を払うコンサルと何が違うんですか?という方もいますが(笑)






ネットが普及している今の時代、優良な情報やノウハウって、いくらでも手に入ります。







でも、断片的に情報を使ってやっても結果が出ないのは、上で書いた理由と一緒ですね。







もし無料で結果が出せるなら、最初からお金を作り出す能力がある人ですからお金をかける必要もないし、逆にその情報がお金になりますよね?







だから、世の中無料で手に入るものっていくらでもありますけど、無料にはやっぱり限界があります。






お金をかけるところと、かけないで良いところをわかるようになるのが経営者の課題ですよね。






たとえばよくあるのが、




お金ができたら内装を綺麗にしよう!とか、


ホームページを綺麗にしよう!


最新設備を入れてサービスを充実しよう!





と考える経営者っていますけど、




もし現状で投資できるだけうまくいったなら、そこにさらにお金をかけるのは無駄な投資で必要ないですよね。






現状うまく行かないから資金を投資して現状を変えるのが経営者に必要な考え方だと思います。







たとえば、大手チェーン展開してる会社が、赤字経営が続いている状況で



何百億もかけてロゴマークの一新と、全店舗の看板の一新をしたりしていますが、







お金がない時こそ、お金を使うところに、お金を投資するという判断と度胸が経営者に必要だと思います。






ただ、1円もお金がない!まじでヤバイわ?って状況だって経営していたら経験しますよね。





たとえばですけど、

「NEOさん!本気で一円もないです!でもマジでやってやりたいんです!もうワイに怖いものなんてないので、死ぬ気でやって必ず成功しますから、そうしたら、色つけていくらでもお支払いします!失敗したら、一生コキ使ってくれていいので、無理を承知でワイに力を貸してください!!お願いします!!」





もしこんな経営者がいたら、NEOは何も言わずに、持っている情報をフル活用して全力でサポートします(笑)





見ず知らずの相手で、将来お金を払ってくれるかもわからない相手でも無料で力を貸します。





なんでかわかりますかね?





そこには、自分の商売に対する熱意や責任を持っているし、自分を信じて諦めてないからです。






普通なら常識的に考えて、自分じゃダメだと、チャレンジする前から結論を自分でだし、諦めてしまいますよね。






お金がない!だからダメ、、、、ではなくて、





お金がないなら、自分の知恵、熱意、根性など使えるものをフル稼働して

共感してもらう人を探す行動を起こす。それが経営者ですよね。






たとえば資金力の少ない開業当初、

どうしても気に入ったテナントがあっても自分の資金力じゃ到底借りられない。






それでも何度もお願いして熱意を伝えて、大家が根負けして家賃を下げてくれた。



これは、今ある某大手チェーンの社長が、開業当初に実際にやった話です。






それくらいの自分の商売に対して責任と熱意を持つから軌道に乗ると思うし、


経営者の中で思いや熱意など、何があっても成功するまでやり切るっていう「覚悟」がなければ、商売はうまくいかないですよね。






うまくいかない時にプライドとか世間体なんて必要ないし、無我夢中でやりきる自信がなければ経営者としてうまくやっていけないと思います。







また、売上が立たずにお金がないから、無料でなんとか成功する方法を教えて下さい!と、





上で書いたような「熱意」や「覚悟」なしに頼むという考え方は、経営者としては考えが甘いですし、成功しないと思います。





なぜかわかりますかね。





理由は2つ!




経営者としての道を選んだのは、経営者自身なのに、主語が「自分」でなくて、「他人」になってるってこと。





誰かが助けてくれるだろう。


誰も助けてくれないからうまくいかないんだ。


従業員が良い子が面接にこないからお客様が増えないんだ。



お金があればな?お金があれば売上があげられるのにな?



自分は一生懸命頑張っているのに、周囲がダメだから商売がうまくいかない。






そうやって何でも他人のせいになっているから自分の商売に本気になれないんですよね。





だから世間体や自分のプライドが邪魔して恥さらしなことはしたくないとかばかりが気になり、

本気で売上を上げるために必死になれないんだと思います。






結果そんな状態じゃあ、商売は長続きしないですよね。







二つ目に、お金をかけずにもらおうという考え方は、


NEOが経営者にとって大事だと考えている「お互いWIN_WIN」の関係を持たず、


「自分の利益だけを考えている」ということですよね。







NEOは、散々挫折を味わって経営者として大事だと思ったから、


いつもブログでいっている相手に与える精神でやってきました。







だから、ブログなどで知識を公開してますけど、

そうやって人に好意を与えていると、

僕が困った時に色んな人が助けてくれて、ビジネスがうまく回っているし、

持論ですけど、経営者に必要な考え方だと思います。







結局は「人」ですからね?!






本気で頑張っていたり、全力で自分を支えてくれた人には、

やっぱり人ですから、困ったときは手を差し伸べますよね。







日本の下町の江戸っ子がよく言う「義理、人情」って言葉がありますよね!







先代の昔の時代から、お互い持ちつ持たれつ精神が大切だ!っと教えてくれているってことですよね。






だから、やっぱり商売をする人間は、昔の経験者が言っているのですから、その考えを忘れてはいけないと思います。








自分だけよければの考えを持った経営者は、一時成功しても、皆長く残っていないですよね。






テレビで出てきて、時の人になった経営者の中には、今は倒産して何をしているかもわからない人ってたくさんいますもんね。






商売で生き残っていくのはそんなに甘くはないですし、

もし、上に書いたことが理解できない方は、






経営者には向いていないので、たとえば目の前にお金をだしてくれる方が現れたとしても、



結局考え方が変わらなければ、いつかはお金が尽きて遅かれ早かれ厳しい状況にならますから、

早いうちにお店をたたみ、どこかで働くという道を考えた方がいいと思います。







人には向き不向きがありますから、経営者と雇用者がいるわけですしね。






けっこう厳しいことを書きましたけど、これがNEOが今まで考えてやってきたことですし、

色んな経験の中で大事だと思ったことです。






っとまあ?持論を書きましたけど!





それでも俺は、自分が可愛いから、自己利益を考えてやってやるんだ?


っとか違う意見を持って無料のメール相談をしてくる方がいたとしても、






NEOは本気で相談に答えますよ?(笑)



いつか失敗や経験の中でわかってくれる日を考えて(笑)

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

Facebookでトリミングサロンで成功する経営者と失敗する経営者の違い。をシェア twitterでツイート LINEで友だちに教える




スポンサードリンク

PR
カテゴリ
最新記事
サイト内検索

Copyright © 2002-2019 Trimmer.jp All Rights Reserved.