こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  メディカルトリマー  >  メディカルトリマー協会ブログ  >  東京都 トリマー Sさん  からのレポート1
アーカイブ |
メディカルトリマー協会ブログ
メディカルトリマー協会ブログ : 東京都 トリマー Sさん  からのレポート1
投稿者 : KEN 投稿日時: 2008-07-23 (2463 ヒット)

『メディカルトリマーのたまご』


みなさん、初めまして!
私は現在、都内のJトリミングサロンでトリマーとして働いています。
働き始めてから早いもので2年がたちました。

メディカルトリマーを目指して、数日前に受講生の申し込みをしたばかりです。
そしたら協会の方から、「がんばって受講する様子をレポートでいただけませんか?」というお話をもらいました。せっかくなので、何事も挑戦!とお受けすることにしました。目標3か月でメディカルトリマー試験に合格する予定です。受講申し込みすると、数日でテキストやら携帯電話でアクセスできるIDコードが送られてくるそうです。多分明日にでも受講アイテム一式が送られてくるんじゃないかしら。

実は私は、もともと美容師になるのが夢だったんです。
でも、自宅で飼っているヨーキーを初めてトリミングに出して帰ってきた時、お人形みたいにかわいくなっていて、当の本人もすごくうれしそうで。あの時の感動は今でも忘れません。
私はその当時高校生だったのですが、恥ずかしながら始めてトリマーという職業があることを知りました。
これをきっかけに、もともと動物好きだったこともあったのでトリマーになることが私の目標になり、トリミングスクールに2年間通って、認定資格を手にすることができました。
就職活動は、学校の紹介もあって、研修も何度かしたことのあるJトリミングサロンにとてもスムーズに決まりました。そして、希望に胸膨らませて社会人になったんです。



でも、実際にサロンで働き始めると、仕事は想像以上に大変。
特に最初は体力的にもかなり過酷でした。みんながみんな、トリミングに慣れていておとなしい子だったらいいんですけど、年をとった子、治療中の子、噛み付いてくる子や、ずっとおびえている子など色々難しい子のオンパレード。

最初の1年半くらいは、朝来て夜遅くまで働いて、クタクタになって帰ったら、お風呂の中で寝込んじゃってたり、テレビを朝までつけっ放しで寝ちゃってたり。
そして目覚めると朦朧とした頭のまま、再び職場へ…の繰り返し。
気がついたら専門学校時代から付き合っていた彼とも疎遠になって自然消滅みたいになっちゃうし、疲れてだんだんワンちゃんたちにも優しくなれなくなっている自分がいて。

「ワンちゃんたちのためにトリマーっていう職業を選んだのに、私って何をしているんだろう?」って思うようになったんです。
いっそのことトリマーを辞めた方が楽になるんじゃないかなって思い始めた時に、『ハッピートリマー』という雑誌でメディカルトリマーのことを知ったんです。
バーコードリーダーが載っていたのですぐに携帯で読み取って資料請求しました。
数日後送られてきたパンフレットを見たときは衝撃でしたよ。

『小さいころからの夢だった憧れのトリマーという職業。
ペットが大好きだったから。ペットを幸せにしてあげたいから。
ペットを癒してあげたかったから。ペットをきれいにしてあげたいから。そして優しいお姉さんになりたかったから。
そんな子供の頃にトリマーを目指した時の気持ちを今でも覚えていますか?そして、そんなすてきなトリマーさになれていますか?』
という問いかけ。まさに私に言われていると思いました。
それで、その気持ちを書いて、早速入会申し込みをしたら、協会から「レポートを書いてみない?」と言われたというわけです。
今日は、自分の話ばかりでしたが、教材が届いたらすぐに皆さんに報告しますからね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『トリマーなんでも相談室』随時質問受付中!
info-tj@tpak.jp までお送りください。

ワンランク上のトリマーさんを目指して・・・
メディカルトリマー協会  http://tpak.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド


PR
最新コラム
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2020 Trimmer.jp All Rights Reserved.