trimセミナー2018 取材レポート - トリマージェイピー
こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  トリマー通信  >  レポート  >  trimセミナー2018 取材レポート

trimセミナー2018 取材レポート

カテゴリ : 
レポート
執筆 : 
staff 2018/7/31 10:40 閲覧 (399)


2018年7月3日、株式会社インターズー主催「trimセミナー2018」が開催されました。今年のテーマは「プードルのカットの学び直し」。その中で、「1.ロジック(基礎)」を神宮和晃さん、「2.デザイン(応用)」を佐々木啓子さん、「3.スピード(時短)」を髙木美樹さんが、テーマに沿ってレクチャーしました。トップトリマーの講師3名によるセミナーの様子を取材してきましたのでお伝えします。


会場は200名以上の受講者で埋まりました。毎年、受付開始からすぐに満席になってしまうため、今年はtrim定期購読者様限定のスペシャルセミナーとして開催されたそうです。そして、実演の時に活躍するスクリーンは以前よりも大きくなり、今まで以上に講師のカットテクニック等、細部まで見やすくなっていました。


1.ロジカルに解説「プードルのカットの基本」
 講師:神宮 和晃(Dog Salon Salt & Pepper)





トップバッターの神宮さんは、プードルのスタンダードを意識した効果的なカットの方法について、ラムクリップカットを実演しながら解説されました。モデル犬の犬種はミディアムプードルでした。



「道具は使い分けると手先の動きが良くなるので、コームも使い分けると更に良い仕上がりになる」とのこと。被毛の量が多くコームが入らないときは、目の粗いコームを使うとすんなりコームが入るようになるのだそうです。他にも、実演中は8インチシザーと、8.5インチシザーをカットの箇所によって使い分けていました。



ラムクリップの尾の形は、丸いポンポンのイメージがありますが、今回はポンポンではなく筒形に、そして短くカットしました。その際、尾の裏側は出来るだけ短くし、表側は長めに残してカットしました。また、「トリミングは表現したい箇所をオーバーにカットするといい。」とのこと。オーバーにカットすることにより、表現したい箇所が伝わりやすくなるのだそうです。



後半ではプードルの歴史に触れながら解説する場面もあり、「カットする犬種について自分自身が理解していることが大切だ」とお話されていました。また、犬の骨格に合ったカットができていないと、犬に合わず着ぐるみを着ているような仕上がりになるのだとか。カット技術も大切ですが、犬種についての知識を得ることにより、更に技術の向上につながるのではないでしょうか。


2.そのコに似合ったデザインとスタイリング
 講師:佐々木 啓子(FIgoo)





佐々木さんは、130分間のセミナーの中で、2頭のプードルのカットを交互に実演しながら解説されました。



頭部と耳の被毛をカールさせます。綺麗なカールを作るためには、被毛はしっかり乾かすことが大事だそうです。カールは1日では取れず数日間残るのだとか。湿気の多い時期はカールがすぐ取れてしまうのであまりいい条件ではないとお話されていました。



マッシュルームカットでは、頭部をカットする時に「頭を丸いもので包み込むイメージ」でカットするのだそうです。



新しいスタイルはお客様に提案をして、最初は無料でカットしてあげるのだとか。これにより、そのカットを見た他の飼い主様にも広がり「うちのこも、あのカットをしてほしい!」という飼い主様が増え、お客様に定着していくのだそうです。



カットのデザインはお客様のひとことで生まれる。お客様からの要望を参考に自分なりに形を探して作る。」とのこと。カットテクニック以外にも、おしりを大きくつくる「おパンツカット」やトップノットをアレンジした「ロッタカット」など、プードルのペットカットの様々な流行を生みだした佐々木さんらしい経験談を交えながら解説されていました。

3.犬の負担を軽減するための時短術
 講師:高木 美樹(TALL TREE.)





最後の講義は、スピードトリミングでお馴染みの髙木さんです。犬を飼い主様からお預かりする時のカウンセリングでの会話術、スピードトリミングの要となるアタッチメントコームを使ったトリミング方法、シザーによる仕上げ方などの、さまざまなテクニックを解説しました。



最初の30分はスライドを使った解説がありました。その後、顔と全身のトリミングを解説しながら実演したのですが、なんと約50分で仕上げまでを終わらせました。素晴らしいスピード力に感動します・・!



「かわいいコをかわいくするのは簡単。イマイチなコをかわいくするのがトリマーの腕の見せ所」と力説。当日のモデル犬は、髙木さんの愛犬「はにわ」でした。髙木さんいわく、「ちょっとぶちゃいくなはにわをかわいく見せるには、顔がはっきり見えすぎないようにするのがコツ」なのだそうです。



余談ですが、当日一番最初の神宮さんのセミナーを受けていた高木さんは、所々で神宮さんのセミナーの復習も交え「セミナーを受けるとすぐに自分で復習したくなる」と話しながら解説されていました。



セミナー会場では、シザーやクリッパー、シャンプーなどトリミング用品が販売されているコーナーもありました。新商品から掘り出し物まで、特別価格で販売されている企業もあり、多くのトリマーさんで賑わっていました。



こちらはINO株式会社のブースです。シャンプーやリンスなどが驚きの特別価格で販売されていました!

現在、BIOGANCEとBIOSISからの企画で、2018年7月30日まで「サマーキャンペーン2018」も開催しております!気になる方は是非、下記リンクからチェックしてみてください!

サマーキャンペーン2018-BIO


今回のセミナーのテーマとなっていた「プードルのカットの学び直し」ですが、3名のトップトリマーによるセミナーで、カットがよりきれいに、よりかわいく、より早く仕上げるための大切なポイントを学び直す機会になったのではないでしょうか?プードルに限らず、他の犬種でも明日から使えるようなさまざまな知識が詰まったセミナーでしたね!

また、2018年10月17日(水)には、今回のセミナー会場と同じ、東京・KFC Hall & Roomsにて「Live trim 2018」が開催されます!こちらも是非、下記リンクからチェックしてみてください!

【開催決定!】Live trim 2018【10月17日】

Facebookでシェア   twitterでツイート   LINEで友だちに教える
最新のエントリ
トリマー通信のトップへ




スポンサードリンク

PR
カテゴリ一覧
アーカイブ
PR:ブログ新着
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2018 Trimmer.jp All Rights Reserved.