こんにちは、ゲストさん
ログイン新規登録クライアントトリマー

ホーム  >  フォーラム  >  お悩み相談  >  海外情報  >  海外で勉強してみたい方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

海外で勉強してみたい方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
n2007  | 2015/5/4 0:41
皆様こんにちは。海外(アメリカ)で働いている者です。日本のトリマーさんにお伺いしてみたいことがあります。
私のマネージャーをしている店で、日本からお勉強をしたいと思っている方を受け入れる案があります。まだ、案なので実際実現するかはまだ分からないのですが。。。
日本の皆さんは参加したいと思われますか??経験は問いません。出来れば学校を卒業されている方がありがたいですが、やる気があれば教えます。ただ、みなさまもご存知のとおりかなり大変な仕事です。
アメリカは大型犬が多いのでめちゃ力仕事です。20-30キロの犬を持ち上げるなんてざらです。
メリットは、アメリカのスピードグルーミングが勉強できる。小型犬なら洗いからカットまで30-45分くらい。英語が学べる。うちの店はショーもしてるのでプードルのショーグルーミングが学べる。です。
住むところは提供します。がお給料はなし。ビザの関係で滞在は3ヶ月がマックス。
この条件で参加したいと思うやる気のあるトリマーさんはいるんでしょうか?

日本の知り合いに聞くと今の若い方はゆとり世代で勉強したいよりも楽にお金を稼ぎたい、キツイ汚い仕事はしない、と言われました。
皆様のご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。
maisi  | 2015/5/6 21:34
参加したいです。
n2007  | 2015/5/9 8:20
Maisiさん、コメントありがとうございます。参加してみたいというご意見嬉しいです。
maisi  | 2015/5/9 20:24
ありがとうございます。
実現できるなら2015年9・10・11月希望です。
よろしくおねがいします。
suu1005  | 2015/5/9 21:37 | 最終変更
すごく気になります!
ちなみにアメリカのどちらになりますか?
ショーグルーミングが学べるのは興味深いです!
makiko0921  | 2015/5/9 21:55
35歳ですが参加してみたいです。
n2007  | 2015/5/10 6:42
皆様、コメントありがとうございます。やる気のある方いらっしゃるんですね!!嬉しい限りです。年齢は問いません。場所は東海岸です。ただ田舎です。日本食などあんまりないので、それでも生き残れる方がいいかも。実現できそうなら詳しい情報をお知らせします!!*\(^o^)/*
junpome  | 2015/5/22 11:00
参加したいです!
ゲスト  | 2015/5/25 0:07
はじめまして
東海岸はどちらですか?
興味があります。
n2007  | 2015/5/25 11:31 | 最終変更
Junpomeさん、Yoshさん、ありがとうございます。興味を持っていただいて有難いです。場所はNew hampshireという州になります。観光など出来る場所ではないので、海外旅行ついでという感じではありません。まだまだ、ボスと相談中ですので、決まりそうならまたこちらに載せさせて頂きます。
kakojp  | 2015/6/1 23:10
海外で経験はしたいですが.
生半可では済まされないほど重労働になることは間違え無しですね。

日本との大きな違いは..そうですね
大型犬が多く..またドゥードルなどの長毛種で毛玉との戦いでもありますね。

スピードトリミングは日本でも私もほとんど取り入れてやっていますので
一つ言わせていただけるのでしたら
日本の細かい技術.犬に対しての心のケアーも取り入れながら素早く
全身ハサミ仕上げで仕上げるという点も..日本人ならではの気遣い。

ここは海外のグルーマーさん達も直に見て大いに見習う点もあると思うんです。
分らないですが..たぶんハサミ使いに違いがあると..。

なのである意味.お互いプロといえる観点でしたら
お給料なしというところは考えてしまいます。

また日本のゆとり世代で楽にお金儲けはしたいという考え方は
時代関係なく誰でも思想的にあるのではないでしょうか
日本のトリマー(グルーマー)は
はっきり言って動力に対してのお給料は安くてキツイ3Kは
現在の方が厳しいと思います。
お給料は安くても生き残るために技術を獲得していくのに必死に
取り組んでいます。
海外のある店では何頭というノルマは課されていますが.それ以上頭数を
こなすとそこから一頭に付き幾らという美味しい話も聞きます。
日本では耳にしないので海外は遣り甲斐があるかなと思いつつ..
ドゥードル犬やピットブルなど頻繁に来ない日本の店はトイプードルが
多いので..比較にならないほどの重労働で過酷だと思いますので
私でしたら無償では考えますね。
n2007  | 2015/6/2 7:50 | 最終変更
Kokojpさん。コメントありがとうございます。スピードトリミングですが、私は日本の学校を卒業して日本のサロンでも勤務経験がありますが、やはり道具からして日本とアメリカは違うと思います。バリカンのパワーも桁違いですし、ハサミの種類はもちろん、サイズも大きいものなら10インチ位の長さがあります。日本に持っていったら友人に裁ちばさみか?と言われました。スリッカーブラシの種類も豊富です。日本でも購入できるものもあるかもしれませんが、こちらで使い方など学べるのはベネフィットではないでしょうか?
最近、グルーミングコンテストに日本の方がたくさん参加されていますでの、アメリカの製品が日本にも紹介される機会は昔に比べて圧倒的に多くなったとは思いますが。。。
犬種ですが、あまりに日本とは違いすぎますので、これは経験していただかない事には実感できないかと。。。ちなみにうちの店はプードルのブリーダー兼ショーをしてますがスタンダードです。あしからず(笑) 大変ですよ。でも、楽しいです。自分が世話をしてグルーミングした犬がリングで勝つのをみるのは。
お給料ですが、残念ながら税金の関係でお給料を出すことは不可能なんです。これはビザにも関係してくるのですが、就労していいアメリカビザは大変取ることが難しくなっています。グルーマーという職種ではほぼ不可能といってもいいかと思います。なので、はじめにも申しましたようにインターンという形でビザの必要ない3ヶ月の滞在が最長となってしまいます。あくまでもお勉強したいという方を受け入れるという感じです。
アメリカのトリマーさんのお給料ですが、私は西海岸、東海岸でも勤務経験がありますが、ほとんどはコミッション制だと思います。トリマーさんの経験、技術の高さにも寄りますが私の働いていたお店は50%が多かったです。たとえば80ドルの犬をやれば半分の40ドルがもらえます。あと、アメリカはベイザーがいるところが多いので、犬を洗う、乾かす、耳掃除、爪きりは彼らがやってくれます。もちろん自分で洗うこともありますが。その辺は分業体制が大好きなアメリカならではではないでしょうか?ご参考までに。
sunshine  | 2015/6/3 13:38 | 最終変更
みなさん
よくお考えください。

以前アメリカのショーハンドラーのところで実際にアシスタントした事があります。
早朝から犬舎の掃除、犬の世話、ドッグショーが近い日は出陳する犬達のシャンプー、トリミング。
出陳しない犬達の普段のブラッシング、プードルならラッピング。
ボーディングケネルでしたが一般のお客様のワンちゃんのグルーミングもやっていたので、予約があれぼその犬達のグルーミングもやります。
忙しい過ぎて、朝から夜までお昼にランチある以外ずっと仕事です。
ドッグショーが近い日は終わるの夜の10時すぎますね。

毎日、本当に忙しいので
技術も手取り足とり丁寧には教えてくれません、
なので、まったくショークリップの勉強した事ないトリマーさんが
3カ月の短期の滞在でショークリップとセットアップのマスターするのは
時間的に無理だと思います。
ドッグショーに実際に出陳する犬達のトリミングも
私だったらショークリップ素人のトリマーさんには
やらせないですね。
ドッグショーは勝たないと意味が無いので毎回 みなさん本気で出陳してます。
すでに相当の技術があってアメリカのやり方が見たい と思ってる方は
どんどん技術が付くと思いますが、
日本で出来なかった事が アメリカに行ったから急に出来る様にはならないです。まして短期の3カ月。
仕事辞めてまで参加しようとしてるトリマーさん
自分が本当は何が目的なのかよく考えて決断してください。
n2007  | 2015/6/4 9:59 | 最終変更
Sunshineさん、ご意見有難うございます。確かに3ヶ月でショーカットについて学ぶのは短いですね。セットアップのみなら3ヶ月あれば何とかなるんじゃないかな?とは思うんですが。まぁ、個人の能力にも寄りますね。私自身もまだまだショーカットは勉強中の身です。ショーも毎週毎週エントリーしているわけではありませんので、メインはやはりお店のお手伝いになると思います。お客さまの犬の洗い、ドライもお願いすると思いますし、パピーが産まれるころならその世話もお願いするかもしれません。ショーのみお勉強したい方にはお勧めしません。ましてや今のお仕事を辞めてまで参加されるようなたいそうなもんでもありませんし。

私も10年以上まえに初めて渡米したときのショーケネルがそんなんでしたよ。学校卒業してなんとかお金を貯めて無給で1年インターンしました。朝から晩まで犬の世話と掃除。へとへとでもう2度とショープードルなんてやるもんかーって思って日本に帰り、ペットちゃんを可愛くしてればいいやと思ってましたが数年後またショープードルに触りたくなっちゃったんですよ。。運よくまたアメリカに行くチャンスがあり、今では日本よりこちらでの経験の方がながくなってしまいました。
まぁ、今となって言えることですが、あの地獄のようなアメリカの1年がなかったら今の私はいなかったですね。ろくに英語もしゃべれず、なけなしの貯金片手に、給料なしで朝5時から犬の世話。今やれって言われても絶対やりません!!

あ、ちなみにうちの店はそんなスパルタじゃないです。ショーの前日でも夕方6時には帰ります。私も死んじゃうんで。その辺はちょいゆるめにアメリカ式ってことで(笑)



スポンサードリンク

PR
新着相談
求人PR
サイト内検索

Copyright © 2002-2017 Trimmer.jp All Rights Reserved.